ギックスの個客選択型スタンプラリー「マイグル」三菱地所プロパティマネジメントが運営する商業施設に初採用~4月28日より「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」でキャンペーン開始~

株式会社ギックス(本社:東京都港区、代表取締役:網野知博、以下:当社)は、三菱地所プロパティマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:川端 良三、以下:三菱地所プロパティマネジメント)が運営する「南砂町ショッピングセンターSUNAMO(以下、スナモ)」にて4月28日(木)より開始される「スマホで簡単!デジタルスタンプラリー」にて、当社が提供する個客選択型スタンプラリー「マイグル」が採用されたことをお知らせいたします。なお、三菱地所プロパティマネジメントが運営する商業施設への「マイグル」採用は初めてとなります。

「スマホで簡単!デジタルスタンプラリー」概要

スナモは、東京23区の中でも人口増加が著しい江東区・南砂町エリアにおいて、「いつでも何でも揃っている」「心くすぐる日常がある」をテーマに、8つの大型店と100の専門店が集積された大型複合商業施設です。

この度、スナモ内の約80店舗を対象としたデジタルスタンプラリーを実施いたします。デジタルスタンプラリーに参加いただく方は、1階〜4階の各フロアの対象店舗を1つずつ選び、自分だけのスタンプシートを作成します。条件を達成するとスナモご利用券1,000円分(一部店舗は除く)が当たる抽選に参加でき、1,000名様に、スナモご利用券1,000円分を進呈いたします。

※お買い物券の使用には条件がございます。キャンペーン詳細をご確認ください。

開催期間:2022年4月28日(木)〜6月8日(水)
対象施設:南砂町ショッピングセンターSUNAMO(https://www.sunamo.jp/
キャンペーン詳細:https://www.sunamo.jp/event/detail.html?CN=336701


個客選択型スタンプラリー「マイグル」https://www.gixo.jp/service/mygru/
「マイグル」は、お客様の購買行動をもとに最適化された複数の選択肢から、自分だけのオリジナルのスタンプラリーを作ることができるスマートフォン向けwebアプリケーションです。購買データやアンケートデータを活用することで、お客様の趣味・嗜好に合わせた店舗・サービス・商品などをスタンプラリーの選択肢としてAIが提示します。お客様は好きな店舗を選んでスタンプラリーを組み立てることができるため、参加率および継続率を高める効果が期待できます。
(ギックスではマイグルに関して複数の特許を出願済みです。特許6841539等)

今後も当社では、クライアント企業の経営課題解決、競争力強化のために、データに基づく判断・意思決定=データインフォームドを推進し、あらゆる判断業務のアップグレードを支援してまいります。

■株式会社ギックスについて(https://www.gixo.jp/
GiXoは、戦略コンサルタントとアナリティクス専門家によって立ち上げられた “データインフォームド”推進企業です。アナリティクスを活用し、あらゆる判断をデータに基づいて行えるようにご支援することで、クライアント企業の経営課題解決を実現しています。
会社名 :株式会社ギックス
代表者名 :代表取締役CEO 網野 知博
所在地 :東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル11F
事業内容 :アナリティクスを用いたデータインフォームド事業
      データを活用した各種コンサルティング業務および、ツールの研究・開発
      上記ツールを用いた各種サービスの提供